防犯カメラの設置で住宅を守る~住宅の危険をブロック~

探偵

身を守る

探偵

危険の多い時だからこそ、防犯カメラや発信機が必要になるといえます。防犯カメラをおいておくとストーカーだけではなく、空き巣を防ぐことも可能です。どこに防犯カメラを設置しておくと防犯になるのか判断しましょう。

設置は業者に依頼をしよう

女の人

防犯意識の高まりで、各家庭でも防犯カメラの設置が増えています。また、防犯カメラ自体の性能もピカ一なため、犯罪者を逃すことがなくなるでしょう。周辺の治安を守る、大事な家族を守る意味で設置を考えるべきと言えます。

自宅を守るなら

案内

実際、玄関の鍵を掛けて出かけていたとしても、ピッキングやベランダから侵入されてしまうと意味がありません。しかし、だからといって、何も出来ないわけではありません。そうです、防犯カメラを設置する事で、被害に遭うのを防ぐ事が出来ます。「え?防犯カメラは犯人の姿を録画するだけじゃないの?」と思う方がいるかもしれません。それも確かに一つのメリットではありますが、防犯カメラには、被害を未然に防ぐ効果もあります。空き巣や泥棒は、自分の姿が写る事を極端に嫌います。もしかすると、それが証拠になって、逮捕に繋がるかもしれないからです。だから、防犯カメラが設置されている家には、空き巣に入らないという傾向があります。なので、分からないように設置するのではなく、設置している事をアピールするようにすれば効果も抜群です。

過ぎてしまった事を後から悔やんでも、取り返しが付かない事を意味する、「後悔先に立たず」ということわざがあります。これは、現在の日本においても、言えることわざではないでしょうか?自分だけは大丈夫というような、根拠の無い自信を、持っている人がいます。そんな人は、実際に自分が被害に遭った後でも、同じ事が言えるのでしょうか?きっと、そんな人こそ「どうしてこんな目に自分が遭わないといけないんだ?」と思う事でしょう。これぞ「後悔先に立たず」ですよね。何かが、あってからでは遅いのです。何かが起こる前に、自分の力で対策を取らないといけない時代になっているのです。gps発信機や防犯カメラなんて個人がやるには大袈裟すぎると思うかもしれませんが、大袈裟で良いのです。大袈裟にアピールする事が、既に防犯の役目を果たしているのですから。治安の良い悪いも関係していますが、日本だから安全という事はありません。毎日、日本のどこかでは、何かしら事件は起こっているのですから。

現在地を調べる

オペレーター

gps機能が付いた追跡サービスを利用することで、自分の現在地、子供やパートナーの居る場所をリアルタイムで把握することができます。また、リアルタイムで把握していれば犯罪に巻き込まれる危険性もありません。